電子定款は会社設立のプロに依頼しましょう

定款とは、株式会社などの目的、組織、活動などの基本的な規則をまとめたもので、紙や電子媒体に記録したものをいいます。

定款は自由に定めて良いものではなく、厳格なルールに従って作成しなければなりません。作成した定款は、公証役場で認証を受け、法務局に届ける必要があります。そして、定款を完成させるためには、紙で作成した定款を提出する場合と、電子定款を提出する方法があります。これは、PDF形式に変換した定款に電子署名を加え、公証役場にオンラインで送付するものです。

電子署名を入れるためには専用のソフトが必要となりますが、一定期間であれば、無料体験版の利用も可能です。電子定款を利用するメリットは、コストが削減できる点です。紙で定款を提出する場合、収入印紙代が4万円、公証役場での認証にかかる費用が約5万円、そして登録免許税が15万円かかります。つまり、合計で24万円程度がかかる計算になります。一方、電子定款では、収入印紙の4万円が免除されます。すなわち、約20万円で済みます。そもそも収入印紙とは、国が租税や手数料を徴収するための手段として用いられるものです。

文書の所定の場所に貼り付けます。電子定款はPDF形式のデータですから、文書とは性質が少し異なります。こうした事情で、収入印紙は不要とされました。とはいえ、専用のソフトやカードリーダーなどを準備しなければなりません。自力で全ての作業を行うには、それなりの手間がかかりますし、専用ソフトの無料体験版が使えなければ、コストがかさみます。そこで、思い切って会社設立の専門家に依頼することも手段です。電子定款に対応しているところを選ぶと、法律に則った定款を、24万円よりも安い価格で作成してもらえる可能性があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *