電子定款を自身で作らずに依頼する

会社を設立して申請する際など定款の作成が必要になりますが、紙だとかさばるし収入印紙も必要になるから電子定款を作って提出したいと考える人もいるでしょう。

しかし作成するために必要なパソコンソフトを持っていない場合新たに買わなければなりませんしICカードリーダーの準備も必要になることから、これからも使う予定があるのであれば必要な出費になるので良いですが、電子定款のためだけにそろえるのであれば無駄なコストをかけることになりかねないためよく検討しなければなりません。

自社で準備して作成するのではなくすべて会社設立代行業者に頼むのであれば電子定款作成のために一式そろえる必要がなく、作成から申請手続きまですべて行ってもらえるためメリットが高くなりますから、依頼したほうが面倒な作業が一切なくなって便利です。電子定款作成を一度経験しておくと新たに事業を始める際などに要領がわかるため、自身で行えるようになりますが作成に手間がかかってしまうとほかの業務に支障が出かねないので、代行業者を利用して着々と設立準備を進めるようにしたほうが時間を有効に使えます。

申請してから変更することはできなくなってしまうので電子定款を作成した場合であっても一度内容を公証役場で確認してもらう必要がありますから、代理人に行ってもらうほうが委任状などの作成が必要になりますが足を運ぶ手間を少しでも省くことができる点も会社設立代行業者に頼む利点です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *