電子定款を利用するメリット

会社を設立する際には会社の規則である定款を設定することが法律で義務付けられています。

従来これを作成する場合には紙媒体における文書にて作成し役所に提出することが求められていましたが、この場合には印刷等の手間が大きくかかる上、必要な取締役等の署名を集める必要もあり非常に手間のかかるものとなっていました。近年コンピューターの普及により文章が電子化されることが多くなったことから、定款においても電子媒体における提出が認められるようになっており、これを作成することで様々な手続きが簡略化されます。

この電子定款において最も大きなメリットは電子媒体に置いて署名を行うため複製や偽造などのリスクが非常に小さく、また確実に管理ができる点が挙げられます。電子定款の最も大きなメリットはマイナンバーと連動されることです。電子定款は事業主のマイナンバーと連携される形となり管理されるため、従来のような戸籍謄本の提出等が不要となり非常に手続きが簡略化されるメリットがあります。

また従来のように役所の窓口で手続きを行うのと異なり、ホームページ上で電子媒体をマイナンバーと連動させることができるため、後は証明された電子定款を提出するだけで手続きが完了する仕組みになります、最近では様々な業務においてパソコンを使う機会が非常に増えています。そのため様々な手続きもパソコンで行うことにより忙しい仕事の合間に様々な手続きをする必要がなくなります。電子定款は事務手続きを簡略化する1つの方法として非常に有効なものと注目されており、今後も様々な手続きが電子化されるものと考えられます。電子定款を代行して行ってくれる業者もあるので代行に頼むのも手でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *