電子定款作成に必要なものについて

昨今では会社設立に必要な定款を紙ではなく、データとして作成できるようになっています。

この電子定款は通常の定款に比べると少ないコストで作成することが出来ます。電子定款も紙の定款と同じく認証を受ける必要があります。その際にはいくつか必要となるものがあるのでいずれ電子定款を作成する可能性があるという方は覚えておくと便利かもしれません。電子定款の認証を受ける際に必要になるものの1つがマイナンバーカードです。

以前ならば住民基本台帳カードが必要となっていましたが、マイナンバー制度により住民基本台帳カードは廃止されました。現在の手続きにおいてはマイナンバーカードを利用する必要があります。通知カードではなく、ICのカードが必要となります。マイナンバーカードには電子証明書が標準で搭載されて降り、その証明書の利用には手続きが必要です。マイナンバーカードと印鑑を持って自治体の窓口を訪れると利用の手続きを完了させることができます。

マイナンバーカードを読み込むためにはICカードリーダライタというものが必要となります。このICカードリーダライタにはいくつかの種類があり、用途に合わせて選択する必要があります。どれが利用できるか知りたい方はインターネット上で調べておくことをお勧めします。電子定款は電子署名を入れて認証を受けることで正式に認められる仕組みになっているため、PDFで作成しただけでは完了しないことに注意しておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *