電子定款で印紙税を節約する

定款は会社を設立する際に必要となる物になります。

そもそも定款には会社設立時に明記しなければならない事柄が法律で定められています。定款を用意出来ないと、会社を設立したくても出来ないという事態も起こります。個人で会社の設立を行うことは可能ではありますが、必要書類を揃えたり、定款の準備に自信がないという方は行政書士の方などに委託をすることも可能です。定款には会社の名前や会社の住所、また会社がどのようなビジネスを行うことを目的とするのかなどの項目を記載する必要があります。

原則として、一度提出した定款は簡単に修正することが出来ません。もしも事業拡大を今後行う可能性がある場合は、今後行うかもしれない事業内容も記載しておく必要があります。紙の定款がこれまで一般的に提出されてきましたが、最近は電子定款での提出も増えています。電子定款で提出するメリットは何といっても印紙の代金を節約することが出来る点です。印紙代といっても、定款を紙で提出すると4万円かかります。会社を設立したばかりの頃は少しの費用も抑えたいと考える経営者が多いものです。節約出来る点は節約していきましょう。

電子定款を提出出来るソフトウェアが限定されていますので、通常業務で使用しているソフトで提出出来れば良いのですが、もし導入していない場合は導入費用が別途かかってくるので気をつけましょう。もし委託をする場合は、委託先の企業や行政書士事務所などに導入されているケースが多いので心配することはないでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *