会社設立代行業者は安くサービスを提供

会社設立代行をしている業者は、安くサービスを提供しています。

ホームページを見ると、数千円だったり、中にはゼロ円で会社設立代行をしているというところもあります。もちろん、実際にゼロ円や数千円で会社設立ができるわけではなく、あくまで代行手数料の話です。実際には電子定款を利用した場合で25万円の実費負担が必要となります。それでも数千円やゼロ円でサービスを提供しているのは驚きです。なぜそのような低価格でのサービス提供となっているのかといえば、将来の需要獲得のチャンスとするためです。

会社設立の代行業者は士業の方が行っていますが、将来的に顧問契約や何らかの相談に利用してもらおうという考えです。最初から顧問契約を前提としているところもあれば、そうではないところもあります。そうではないところでも、一度関係を持っていた人は依頼しやすいので、利用してもらいやすくなります。会社設立代行で選ぶべきなのは、士業の方が連携をしているところです。それぞれの士業には得意分野がありますが、不得意分野もあります。

そのため、一つの士業のみが扱っていると、スムーズに作業をすることができなかったり誤りがあったりすることがあります。その点、各士業の得意領域を生かしてもらうことのできる連携しているところであれば、問題なく会社設立をすることができます。単に料金が安いからという理由では問題がある可能性があるため、きちんとどういったところかを見て選びましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *