会社設立を代行してもらうための手続き

会社設立とひとくちに言っても、どの種類の会社を設立するかによって異なってきます。

株式会社が代表的なものです。しかし、合同会社も人気があります。株式会社以外の会社タイプを持分会社と呼びます。持分会社には3種類あり、合同会社・合名会社・合資会社の3種類です。過去には有限会社もありましたが、現在は廃止されています。しかし、会社法改正前に有限会社だった会社は、引き続き有限会社を名乗ることも可能です。それぞれの会社の種類では、「経営者がどこまで責任を負うか」「意思決定が出資の額なのか多数決なのか」「決算公告義務の有無」などの点で違いがあります。

特に、経営者の責任が有限責任なのか、無限責任なのかは重要です。無限責任の場合には会社が多額の債務を抱えた状態で倒産をした場合に経営者も借金を負うことになります。会社設立の手続きは代行してもらうことがおすすめです。代行会社に依頼するという方法と、司法書士などの専門家に代行をしてもらうという方法などがあります。代行会社に依頼をすることで手数料を安くすませることができます。

格安の会社なら2、000円程度で電子定款を作成してくれます。司法書士などの専門家に依頼をすると、報酬がかかりますが、法律的なアドバイスを受けながら会社設立ができるというメリットがあります。電子定款を作成することで印紙代の4万円は節約ができるので、4万円以内ならばコスト面でもメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *