会社設立代行をしている士業

会社設立代行をしている士業は多いです。

専門的な知識を持っているため、それらを頼ることで自分では時間がかかる手続きもスムーズに進むというメリットがあります。それぞれ得意分野が異なるため、どれを選ぶかは自分に合っているかどうかで考えましょう。行政書士は、許認可が必要な業種の会社設立の代行を依頼するときに適しています。行政書士ができる仕事の内、許認可申請を行う権限がありますから、それも併せて依頼することができます。

税理士の場合は、税務や会計に詳しいため、定款を考える際に不利にならないように考えてもらうことが可能です。司法書士は登記の申請の専門家であるため、確実に登記申請を行ってもらえるのがメリットです。登記申請を行うことができるのは司法書士のみですが、だからと言って会社設立代行をしてる行政書士や税理士が問題だという訳ではありません。きちんとしているところは、社内や提携先に司法書士がいるので、申請業務の部分は司法書士がやっています。税理士の場合、報酬ゼロ円でやってくれるところもあります。

これが可能な理由は、会社の設立後の経理や税金の申告を行う必要がありますが、それを行う将来の顧問契約を条件として無料で引き受けているからです。会社を設立する側にとっては、初期投資を安くすることができるというメリットがありますし、税理士にとっては将来的なお客さんを獲得できるというメリットがあります。この双方の思惑が合致しているので、それなりにこういうところは多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *