様々な会社設立の代行業者

最近はインターネットを通じたビジネスが浸透したこともあって自ら会社設立をする人が増えているが、実際に会社設立をしようとすると様々な書類作成をしたり意外と手間がかかるし、何より専門的な知識が必要です。

なので、自分で行うよりも代行業者を利用した方がスムーズに会社設立が可能だが、実は代行業者にはいくつかの種類が存在します。まず、代行を専門として業務を行う業者は総合的なサポートをしてくれるので、全く知識がなくても一から学びながら会社設立を進められます。また、スケジュールも打ち合わせによって決定するので自分の都合の良い時間で進めることが可能です。中には税理士や司法書士が在籍していたり事務所と提携を組んでいる業者もいるので、書類作成や手続きを代行してくれるところも多いです。

続いて会計事務所も行ってくれるが、ここは税理士が在籍しているので税金関係や資金調達などの金銭的な内容に強いです。会社を運営すると常に法人税や所得税や消費税と言った税金の問題が付いて回るので、その点においても適切なアドバイスをしてもらうことができます。次に司法書士でも行ってもらうことが可能で、法務局へ提出する登記書類の作成が可能なので定款の認証が終了した後の作業でもスムーズに進めることが可能です。

書類作成を中心とした依頼なら司法書士が最も適しているでしょう。最後に行政書士は法務局へ提出する登記書類の作成はできないが、定款の作成は可能なので定款だけを依頼したい場合には適しています。実は定款も作成に苦労するものなので誰かに依頼した方が良いが、その場合は行政書士に依頼すると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *