会社設立を代行業者に依頼するメリット

会社設立をすれば社会的な信用が高くなったり、法人でしか行えないビジネスにも参入できるなど様々なメリットがあるが、実際に会社設立をしようとすると必要な種類も多くかなり手間と費用がかかります。

専門的な知識も必要になってくるので中には何をして良いのか分からなくなることもあるが、そんな悩みを解消してくれるのが代行サービスです。これは会社設立を代行してくれる専門業者もいれば会計事務所や司法書士や行政書士事務所と言った資格系が行ってくれる場合もあります。まず専門業者なら総合的なサポートをしてくれるので、全く知識がない状態でもゼロから学びながら進めることが可能です。

さらにスケジュールも打ち合わせによって決めるので自分の希望が通りやすく自分のペースで進められるメリットがあります。代行専門の業者の中には税理士や司法書士が所属していたり、事務所と提携が取れる業者もいるので書類作成の手続きも代行してもらうことが可能です。続いて会計事務所を利用するメリットだが、税理士が在籍しているので税金関係や資金調達などのお金に関するないように強い特徴があります。特に会社になると税金の問題が付いて回るが、その点に関しても法人税や消費税・所得税など詳しくアドバイスをしてくれます。

他にも司法書士は法務局へ提出する登記書類の作成が可能なので、定款の認証が終わった後の作業もスムーズにできるメリットがあったり、行政書士は定款の作成が可能なので定款作成だけを頼みたい場合に便利です。どの機関に代行してもらうかによってメリットが異なるので、まずは自分がどんな会社を設立したいのか明確にしてから、最適な業者を選ぶようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *