会社設立を代行してもらう

会社設立はご自身ですることも可能だし、代行業者に委託することも可能です。

今はインターネットの時代になり、調べたいものが簡単に探せる時代に変化しました。会社設立も調べればご自身で設立することができます。でも、会社の設立はご自身でするよりも代行業者に委託したほうが安く済みます。会社設立のためにまず、定款を作成して公証役場で認証手続きを受ける必要があります。その時に公証役場に支払う手数料が定款の認証手数料といって5万円必要です。

認証手続きとは適法なもので手続きをされているという証明のことです。そもそも定款とは会社の組織やどのように会社を経営していくか基本的事項を定めたもので詳しくいうと会社の名前、会社の事業目的、株式、株主総会、取締役などをその中で規定しています。公証役場とは公正証書の作成や私文書の認証などを行ってくれる官公庁です。定款の認証手続きは会社の本店を置く地域でうける決まりになっています。定款の謄本代としてページ数により異なりますが一通約1.000円ほどかかります。それと、定款に貼るための印紙代の40.000円が必要になります。

この印紙代が代行業者に委託すると必要ありません。なぜかというと、定款には従来の紙でできたものと電子定款の二種類があります。電子のほうは印紙代がかからない代わりにソフトウェア代や機器代金などで別途6万円かかりますが、代行なら機器代金もソフトウェア代もかからず純粋に40.000円安くなります。このように代行業者に委託することで安くなり、プロにお願いする分安心して任せることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *