会社設立を考えているなら代行で費用節約

会社を作ろうと考えた時、まず必要なものが会社設立のための費用を用意することでしょう。

会社の所在地となる場所も必要ですし書類の提出にも費用が掛かります。例えば会社を設立するうえで必要な定款を提出しようとする場合、自分で定款を作り公証役場にもっていきます。この時に定款認証手数が52000円と書面での提出の場合は4万円の印紙代が必要になってきます。定款の処理だけでも10万円近い費用が掛かってくるのです。また法務局に登録免許税を支払う必要もあり、これだけでも15万円用意しないといけません。

会社設立を何度も経験している人なら自分でできるかもしれませんが、初めて設立しようとしている人にとってはこの手続きは面倒だと思います。その場合は、司法書士などに代行を依頼することをお勧めします。プロが代行することにより書類に不備なくスムーズに会社設立が可能になります。費用の面においても、電子定款で手続きを行ってもらえれば、印紙代の4万円が浮くので最終的には自分ですべてやるより安く抑えることが可能になります。自分で電子定款を利用するとなると、ソフト代などで印紙代以上の費用が掛かってきます。

その点、代行する場合はその会社がソフトを持っているため、印紙代の節約が可能になります。会社設立はやることが本当にたくさんあります。不備なく自分の会社を起業したいのであれば、代行に頼んで自分の負担を少しでも軽くするといいと思います。代行手数料が安い会社もたくさんありますので、費用節約の面でもお勧めです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *