会社設立代行業者なら自分でやるより安くなることも

会社はゼロ円でも作れると思っている人もいますが、それは間違いです。

確かに資本金ゼロのゼロ円会社は認められるようになりましたが、会社設立には手続きにお金がかかるからです。この費用は20万円から25万円程度となっています。一点だけ、浮かせることができるポイントがあり、それが電子定款を活用することです。電子定款は紙にはかかる印紙代が必要ないので、印紙代分の4万円を浮かせられます。電子定款を作るためにはパソコンソフトが必要です。

PDF化しなくてはなりませんが、フリーソフトだと電子署名を入れることができないため、購入は必須です。ソフトは意外と高いので、それだけで3万円以上します。そうなると、電子定款を作成して会社設立をしても、浮いた分のうまみはなくなります。会社設立代行業者を使えば、自分でやるより安くなります。自分でソフト等を持っていないと上記の通り追加コストが発生してしまい、浮かせることはできませんが、代行業者は安くしているところだと1万円以内でやってくれますから、差額の3万円程は安くなります。

したがって、自分で必要なものを持っていない方で安く会社設立をしたいと考えているなら、代行業者を使うのがおすすめです。代行業者にもいろいろなところがありますので、利用するときには比較して信頼できそうなところを選びましょう。会社がきちんと設立されるためには手続きがきちんとなされなければならないため、単に安ければいいという訳ではないからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *