会社設立代行を利用すると手間がかからない

会社設立をする時に、代行業者を利用すると手間がかかりません。

代行業者は行政書士などの士業の方がやっていますが、定款の作成や認証を代わりに行ってもらうことが可能です。また、司法書士がやっているところや、そこと提携しているところならば登記申請も代わりにやってもらうことができます。つまり、会社設立代行業者を利用すれば、必要な手続きは代わりにやってもらうことができるため、自分は別のことをすることが可能です。会社設立業者もいろいろありますが、安さだけで選ぶのはやめた方が良いでしょう。

できればきちんとしたところであるかどうかはチェックしたほうが良いです。信頼できるところは、ホームページでしっかり解説を行っています。法律的に士業ではできない範囲というものがありますが、それについても記しているところは信頼できます。前述の司法書士の領域である登記申請についても、行政書士で信頼できるところは自分ではできないと説明しています。もちろん提携している場合は提携していると示しているので、仮にそれも含めてやってもらえるケースでも安心できるでしょう。

会社設立代行業者の中には格安で請け負っているところがありますが、その場合はなぜ安いのかは見ておくべきです。例えば、顧問契約を前提としているケースがあります。顧問契約で利益を上げることが目的で、会社設立業務はサービスに近い値段で請け負っている場合、顧問契約料が意外と高い場合があるため、よく見ておいた方が良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *