会社設立の費用や資本金について

会社設立で法人事業を開始する個人事業主も多いかと思われますが、個人事業主が会社設立を行うメリットの中には節税効果がある、社会的な信用を得やすくする、夫婦で事業を行っている場合には奥さんに給料を支払えるなど、様々なメリットがあります。

しかし、個人事業主の時とは違って法人事業を開始すると、今までにない費用の支払いが発生することになるので、どのような費用が掛かるのかを前もって把握しておかなければなりません。

会社設立時に払い込みする資本金は、通帳に記帳を行い、表紙や2ページ目、記帳を行ったページのコピーを取り、払い込みを行った書類の作成を行います。これは払い込み証明書と呼ばれているもので、会社設立登記の時に利用するものです。

定款の中で資本金を定めてあるので、登記申請時に定款内の記載事項と払い込み証明書の金額をチェック出来るようにしておきます。尚、資本金は通帳の記帳後に諸費用として利用することも出来るため、登録免許税や代行業者への支払いなどで使用する方法もあります。

さらに会社経営の中で必要な諸費用の支払いでも利用することも出来ます。資本金は1円からのルールになっているわけですが、現金だけでなく現物出資の方法もあります。

この場合は出資する品物の価値を明確にすることや定款の中で定義するなどが必要です。代行業者などに会社設立登記を依頼する時などは、現物出資の方法について詳しく教えて貰えるメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *