会社設立にかかる法定費用について

会社設立には法定費用が発生します。

定款の認証手数料の5万円、紙の定款の認証に必要となる印紙代4万円、登録免許税15万円です。このうち、印紙代は電子定款を使えば節約できます。これらは法定費用であるため、節約できるのは印紙代の部分のみであとは必ず必要となります。

したがって、会社設立を考えているなら初期コストとしてあらかじめ考えておくことが必要です。会社設立のコスト節約で電子定款を使うとしても、そのためのソフトウェアや機器を購入すると4万円以上かかってしまいます。

したがって、自分でやって節約することは、すでにそれらを持っている人だけが該当することとなります。

ただし、業者を利用すれば、その恩恵を受けられます。代行業者では電子定款を使っていて、手数料も安く設定しているところが多いです。そのため、代行業者を使えば3万円程は安くすることが可能です。紙の定款で自分で設立するよりも費用を抑えられるだけではなく、手間も省けるメリットがあります。

代行業者は、士業が運営していたり、一般の会社が運営していて士業と提携や在籍していたりします。したがって、専門家の知識を生かしてもらえるため、自分で一から勉強して手続きを行うよりも効率的に終わらせることが可能です。

もちろん、勉強した知識は将来に生かすことができるため無駄にはなりませんから、あえて自分で会社設立を勉強しながら行っていくことも、決して悪いことではありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *