会社設立関係で必要な費用

会社設立では法定で決められた費用とそれ以外に分けられます。

そのうち法定のものはたとえば定款の公証役場での申請時における印紙税であるとか、法務局での登記申請にかかるお金であるとか、こうしたものは定めがあるためそのルールに従い必ず支払わなければならないものです。

一方でそれ以外のものとしては会社設立関係の手続きの一部あるいはすべてについて依頼を行ったときなどに依頼先に対する費用として出費が考えられます。通常は登記などに関しては司法書士に依頼をしますので、司法書士への支払いが相応に発生することは知っておくことが必要です。

このように法定で決められている出費とそれ以外の依頼料などに分けられますが、ここですべてのお金を使い果たすことは出来ません。その後会社設立で事業を開始するわけですから運営費用などは当然ながらかかります。

また事業を行う上で人では必要不可欠です。よって人件費も相応にかかることになり、雇用に関する様々な出費も付帯して発生します。こうしたお金についても出費を考えておくことが求められます。

一般的に会社設立に直接かかる費用以外では、事業開始以降数ヶ月程度は事業を行えるだけのお金が欠かせないところです。このときこの元手が少ないと切り詰めていくかあるいはスポンサーなどによる出資を募るなどの対応が必要になります。

したがってある程度は会社設立でお金がかかることと、その費用をしっかりと捻出しさらに事業運営がある程度出来るくらいの資金を残すことが大切になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *