会社設立代行の選び方は

会社設立を代行業者にお願いするなら、安心して任せられるかは重要なところです。

安心できるところは、ホームページに解説をしっかりと載せていることが多いです。

例えば、ある行政書士は、なぜ安くなっているのかを説明したり、登記申請も扱える理由が司法書士と提携しているから、といったことをきちんと示しています。

会社設立を初めて行う際に利用する人にとっては、これらの要素はとても気になりますが、不安を解消しようとしているところは信頼できそうな印象を持てます。

会社設立代行をやっている士業は、行政書士が多いです。行政書士は権利義務に関する法律文書の作成を代行する権限を持っていて、それに付随する申請の代理もできます。

ただし、登記の申請書類作成と代行は司法書士の領域なので行うことができません。

これをやっている行政書士のサービスは、合法的に運営している限り提携する司法書士に任せています。

税理士や司法書士もやっているほか、弁護士や公認会計士もやっているケースがあります。

どれを利用すればよいかは、それぞれのメリットを比較して選ぶほかないです。

行政書士は建設業などの許認可を必要とする会社設立をする時に、その許認可の申請もやってもらえるメリットがあり、なおかつ比較的料金も安い利点があります。

税理士は、税務に関する知識を定款の作成に貸してもらえる所が利点です。公認会計士も比較的似ています。

弁護士は、法的に正しい手続き化をチェックしてもらえる点が利点です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *