会社設立の種類は変わった?

会社設立の種類は2006年から変わりました。

商法が改正されて、商法と会社法などに分かれたことが原因です。昔は有限会社という形態がありましたが、現在ではなくなっています。

ただし、すでに有限会社だった場合にはそのまま名前を引き継ぐことが可能です。

新しく有限会社を設立することはできなくなったというだけであり、いまでも有限会社という名前がついている会社は存在します。

代表的なのは株式会社であり、これはそのままです。合資会社、合名会社も存続しています。会社法の改正によって新しくできたのは合同会社です。

有限会社がなくなって、そのかわりに合同会社ができたと考えるとわかりやすいです。

会社設立の比較では株式会社と合同会社の特徴を知っておくことが大切です。この2つの形態の数が多いというデータがあります。

信用を重視するならば株式会社がおすすめです。知名度や信用度では圧倒的に株式会社となります。銀行の審査などに通りやすいのもこの形態です。

会社設立にかかるコストを抑えたい場合には持分会社を選ぶことがおすすめです。株式会社の場合最低20万円はかかりますが、持分会社なら8万円程度で設立ができます。

電子定款を選ぶことで4万円安く会社設立が可能となっています。電子定款の作成を格安で代行してくれる業者なども登場していますので、インターネットを利用して調べてみましょう。

現在はインターネット上に大量に情報がありますが、複数のサイトを比較して正しい情報を探すことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *