会社設立と段取り及び書類申請準備

会社設立では様々な手続きを経て行く必要があります。

このときまとめて複数の役所に同時進行で提出を行うことが出来るものと、出来ないものとがあるため準備をしっかりと行わなければならないです。

定款の作成からその認証を公証役場で受けて、その後会社設立に関する登記すなわち法人登記を申請して認められなければならないものとなります。

この流れは順番に行っていく必要があり、定款と登記申請を同時に行うことは出来ません。

定款の認証を受けてから法人登記を行うためにこの流れを無視してしまうとそこで話がストップします。

こうした一連の流れはよく把握しておくことが非常に大切です。士業に依頼をする場合でも進捗状況は依頼者側である程度は把握します。

その上で次に依頼をするところとよく話し合って、準備を進めていくものです。依頼を受ける士業側から今の工程状況を尋ねられる場合もあるため、会社設立の流れと今現在何をしているのかよく知ることが求められます。

書類作成は法人設立者が準備を進めることも出来ますが、間違えると後の修正が非常に難しくなることがあります。

そのため士業に依頼をすることも考慮することが大切です。

また、会社設立後の手続きに関することたとえば税務当局への書類提出であるとか、社会保険や厚生年金さらに雇用保険関係の届け出を行う際などには、あらかじめ依頼をしておくなどして期限内に提出が出来るように、段取りをしっかりとしておくことが非常に重要になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *