個人事業主が会社設立すると得られるメリット

ストックオプションとは、前もって決められた値段で自社の株を購入する権利のことです。

従業員は自社株を決まっている値段で購入した後で、努力をして会社が業績を伸ばすことによって、高い値段で売却することが出来るようになり利益を得ることが出来ます。

ですので業務に対するモチベーションがあがりますし、会社設立したばかりで給与があまり支払えない時期であっても優れた人材を引き止めやすくなるのです。

昔と比較すると少なくなってはきましたが、会社設立せずに個人事業主のままだと取引しない取引先があったり、経営状況を審査される場合が少なくありません。

ですので会社設立を行わず個人事業主のまま事業を続けていると同じ経営規模で同じ金額の利益を得ている場合でもビジネスチャンスを逸してしまう可能性があるのです。

個人事業主は会計の期間が1月の1日から12月の31日までと決められていて、確定申告と税金を納付する時期が次の年の2月の16日から3月の15日までと決められています。

そしてその期間内に必ず税金を支払うことが必要です。その一方で会社設立をすると一般的に定款に記載すれば自由に決算日を決めることが出来ます。

申告と税金を支払う期限は決算日の次の日から2ヶ月以内です。

そして決算では減価償却費を割り出す作業や棚卸業務、申告書の作成業務など、普段の業務とは異なる業務が生じて仕事量が増えてしまいますが、会社設立をすると決算日を繁忙期と離すことが出来るようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *