個人事業と会社設立ではどっちが得?

自分で起業をする場合、個人事業主として行うか、会社設立して法人化するかの選択があります。

はじめて事業する場合は、個人事業主として活躍する方が、練習にもなって良いですが、ある程度の利益が出るようになると法人化も検討に入れる方が良いです。会社設立を検討する時の基準として、事業を拡大する場合に資金が個人でまかなえるかどうか?ですが、自分の貯金や親族などの身内から事業資金をまかなえるなら、個人事業主主でも問題ありませんが、法人化する事で信頼がつき、金融機関からは資金の調達ができやすくなります。

株式会社を設立すると株式が発行できる関係で、投資家からの出資も期待が可能です。最初は小さなお店から始めても、事業拡大をする場合には法人化が有利になります。個人事業主では、自分一人や身内のみで行う場合には問題ありませんが、他の従業員を雇用する場合には、会社設立しておくと便利です。

法人化すると社会保険の加入が義務付けられ、雇用している従業員の保険料のうち、半分は会社が負担しなければならない短所がありますが、税金面では非常に優遇されています。税金の種類として、個人事業主では所得税と住民税のほかに事業税が課税され、会社設立すると事業主の代わりに法人税に変わります。

認められている経費の幅が法人化すると拡がるなどの点から、年間の利益が大きくなればなるほど、節税部分が有利です。年間利益が1000万円の時で、法人の利益が0になるように役員報酬を2人で取れば、会社設立する方が個人事業主より200万円程度の節税効果に期待できます。たくさん節税できると、その分会社にお金を残せるので会社を大きくする事も可能になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *