会社設立の際に必要な印鑑

会社設立をする際には書類の作成もしなくてはいけませんし、営業開始後も取引先などと契約を交わしたりするなど、様々なシーンで印鑑を使うことになります。

普段は個人で認印や銀行印などを持っていたとしても、それをそのまま法人用として使うというわけにもいきませんから、書類作成と平行して新しい印鑑を作るようにしましょう。準備するのは会社設立の場合だと、実印、銀行印、角印の三種類が最低限必要になります。実印は会社でも必要になりますが、別名として代表社印、会社実印、丸印などとも呼ばれています。

法人登記を変更することもできる印鑑なので、一般の会社でも厳重に保管されるほどの重要な印鑑となっています。金融機関に届け出るときは実印とは別に銀行印を用意して使う方が安全ですから、どの会社でも分けて作って保管しているのです。

会社勤めの人であれば馴染み深い角印は、日常的な会社の業務で使う印鑑という位置づけなので、すぐに用意できなくても問題はありません。折を見て準備していくとよいでしょう。書類の作成や提出など、多くの準備をしていると印鑑のことを忘れてしまいがちです。

会社設立そのものには実印があればいいのですが、安全上やリスク回避、そして業務の効率化のことを考えると幾つか印鑑を準備しておく方が後々便利だとも言えます。優先順位を決めながら、自分の会社にとってどんな印鑑が必要なのかも良く検討したうえで揃えて行くようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *