会社設立に必要な書類と作成方法

自分で会社設立の手続きをしようと思う場合、幾つかの書類を作成して提出する必要があります。

それらの書類を作成するに当たって、まず最初に準備しておくべきなのは法人用の印鑑でしょう。大きさとしては、1センチから3センチに収まる大きさにするのがベストです。さらに会社設立に当たっては、発起人個人の印鑑が必要となる場合もあるため、一緒に作っておくことができます。

会社設立に必要な書類として定款がありますが、インターネットから無料でダウンロードして必要事項を記入していくことができるでしょう。その際、定款は3部用意しておくようにします。定款の確証が済んだら資本金を振り込みますが、その時に通帳の記帳欄と表紙、また個人情報欄の3か所のコピーを取っておくようにします。

この後、登記のための書類を揃えていきますが、その書類の中には登記申請書、登録免許税分の収入印紙を貼った用紙、先ほど作成した定款、発起人の決定書、取締役や代表取締役に加えて監査役などの就任承諾書、取締役の印鑑証明書、また資本金の払い込みを証明する書類、さらに印鑑届出書といったものがあります。

スムーズに会社設立の手続きを完了させるためには、これら必要な書類をきちんと揃えて準備しておくことです。たった一つの書類がないために、あるいは一項目に記入漏れがあったために手続きが行なえないといった事態にならないよう、しっかりと確認しながら書類を作成するのがポイントです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *