コインランドリー起業について

銀行にお金を預けても資産が増える事は期待できない中、投資信託、NISA、不動産投資などが大変注目を集めています。

投資は、仕事をしている人でも行う事ができ、副業として成り立っている人も少なくありません。その中で、将来的な資産となる不動産投資はいつの時代においても人気があり、不動産経営が軌道にのれば定職に就く必要が無い場合もあります。

ですが、アパートやマンション経営は初期投資の金額が大変大きく、家賃の設定を間違えば空室率が上がり赤字を出してしまうこともあります。赤字が続く事で不動産売却を迫られるというリスクがあるのです。不動産投資の中でも、コインランドリー経営が最近注目を集めています。

コインランドリーを起業するには、まず場所を決める必要があります。都市型で起業にするのか、郊外型で起業にするのかによって立地の探し方が異なります。都市型であればターゲットは単身者(社会人・学生)、共働き家族、DINXに絞り、ランドリーについて大型よりは小型を増やす必要があったり、お洒落な内装で単身者や女性が訪れやすい清潔感ある店舗にする必要もあるでしょう。

また、郊外型であれば、メインターゲットは主婦層になります。車で訪れやすい立地と大型のランドリー充実が求められるでしょう。都市型、郊外型どちらに関しても、スーパーやショッピングモールなどの商業施設や学校施設や駅などが生活動線上にあることで顧客の確保がし易くなるでしょう。コインランドリー起業の際には、立地を慎重に見極める必要があるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *