会社設立の選択肢について

会社といってもいくつかの形態があります。

現代の日本においては株式会社と合同会社が一般的で、このほか合名会社、合資会社があります。いずれも会社設立の流れとしては定款を作成して公証役場で認証してもらい、法務局で登録免許税を支払って登記を行うことで法人として認められることになります。

現状では日本では株式会社と合同会社の2つで、有限責任になります。株式会社は株式を発行して投資家に出資してもらい株主が役員を選任して経営を任せます。株主は設立者がなることも多いですが、将来的に多くの投資家を呼び込むことができるのがメリットです。合同会社は逆に金銭を出資した投資家だけで経営を行うため役員の選任はありません。

このため出資者が直接経営に関わります。いずれも会社設立を行い法人化することによって個人事業主とは異なり有限責任で経営することが可能になりますし、銀行も法人に対しての貸付となるため信用力が個人事業主よりも高まります。会社設立そのものはルールに則って行えばそれほど難しいものではありません。

ただし定款の作成や社印などを作り、場合によっては登録免許税が必要ですから相応の費用が掛かります。株式会社の場合には最低20万円程度で、合同会社でも最低6万円は必要です。

また定款は一度登録すると簡単には変更できませんから、最初に作成するさいには間違いがないようにしなければなりません。このため会社設立では設立を行うプロに依頼するのが無難です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *