会社設立なら代行業者に任せるのがベスト

会社設立とは法人化するということです。

事業そのものは個人でも行っていくことが可能ですが、法人化することによって、組織として活動することができるほか社会的信用力も高まるといったメリットがあります。また法人名義で不動産などを所有することが可能になるといったことなどもあり、事業資産を共有するといった面でも有利になるケースもあります。

会社設立そのものは手順を踏めばそれほど難しいものではありませんが、代行業者に任せるのがベストな選択といえます。会社を作るためには定款を作りそれを公証役場で認証してもらう必要があり、また法務局で登記を行って登録免許税を支払う必要があります。

会社といってもいくつかの種類があり行うためには、法人の種類を考えなければなりません。株式会社が一般的ですが、場合によっては合同会社や合資会社も選択肢に入ります。また非営利の場合には会社という選択ではなく団体という選択肢もあります。

会社設立代行を行っている業者であれば、会社を作るためのコンサルタントも行っているところもあるので、事業に応じた法人化についての相談が出来ます。また代行業者の多くは電子定款認証に対応しています。

通常定款を紙で作る場合には印紙代が発生しますが、電子定款であれば印紙代が不要ですので、そのぶんだけ費用を節約することが可能です。このため自身で行うよりも、代行業者を使った方が費用を抑えて会社を作ることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *