会社設立に必要な費用と知識

会社を設立するという言葉は単純に会社を起業すればそれで設立となるわけではありません。

設立という言葉は法律に基づいて定款と呼ばれる会社のルールのようなものを作成して、これを公証役場に持っていき公証人に認証してもらわなければなりません。その他に、登記書類や商業登記などをします。そして、晴れて法人組織として正式に登記した日に会社設立となります。それぞれの会社設立の費用は、大きく2つに分ける事ができます。会社の器となるものと、運営していくための初期投資費用が必要になります。

会社の器となるもの20万から30万の費用がかかります。資本金といって自分の財布から手出ししなくては行けないお金も用意する必要があります。これらは、事前に準備しておかないとどこかから借りてからスタートになってしまいますので充分な計画が必要になります。この他にも、ルールに従った書面等の作成や提出をしなければなりませんので、ご不明な点は税理士に相談するなどして専門家に頼ってみましょう。

会社設立をすると全ての手続きを自分でしなくてはいけなくなります。もし、それまで会社員など会社勤めをしていたならば考える必要もなかったかもしれませんが、社会保険や税金の申告も自分で手続きする事になります。この手続きをスムーズにするために専門家を雇うという事をするのも可能ですが実際に設立したばかりではそれを実行する事は難しいかもしれません。ある程度の知識と経験を積む必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *