会社設立で掛かる費用とは

会社設立には、結論から言うと最小で6万円で設立をすることが可能です。

おもに2種類の設立方補が考えられ、株式会社と合同会社があります。それぞれは微妙にかかる金額が違っています。株式会社を設立する際には、収入印紙代金で4万円が必要ですが電子定款の場合はその代金はかかりません。また、その定款の認証で5万円が必要です。定款の謄本手数料では2000円程で登録免許税が15万円か資本金の0.7%のどちらかになりますが、高いほうが採用されます。

結果としては合計で21万から25万円程が必要です。合同会社の場合には株式会社とは一部異なっています。登録免許税が合同会社の場合には6万円しかかからないため、株式会社よりも安く会社設立が可能になっているのでかかる費用を抑えることができます。株式会社を設立したいが、できるだけ費用を抑えたいという方には、電子定款を使用することで4万円安くできるのでそのような部分的な工夫がひつようになるといえるでしょう。

電子定款でも費用がかかるところもあるので、クラウド会見ソフトや人事労務ソフトで認証費用が無料になるキャンペーンを実施しているサービスを活用すると無料になるのでお勧めです。サービスによっては、会社設立後のサポート体制が整っているものも存在するので、すべてを一括してお願いしたい場合にはそのようなサービスを活用することでまとめて管理をする事ができ、仕事効率化にも貢献できるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *