会社設立と解散の手続き

事業を始めるときには個人事業主として営んでいくという選択肢もありますが、万が一事業に失敗したときのことを考えると一生返済しきれない借金を負ってしまう可能性があります。